クマ避けの鈴について

知床はヒグマの高密度生息地であり、観光客の皆様もクマ鈴を付けて入山する方は多いです。
羅臼湖トレッキングにおける、クマ鈴の必要性について書きます。
これはガイドとしての僕の個人的な意見で、学術的に証明されたものではありません。

結論からいいますと、羅臼湖ではクマ鈴は付けないほうが良いと思います
理由
・常に鈴の音がしている状態に本人が慣れてしまい、周囲の音や状況を感じ取れない。
・羅臼湖では登山道のすぐ脇で野鳥が繁殖活動しており、これに悪影響を与える可能性がある。
・そもそも鈴の音を聞いて、クマが立ち去るかどうか怪しい。
これは、僕の経験や他の登山客からの話で、鈴ではクマは逃げない、ということが多いです。

それでは、クマ対策はどのようにするのが良いのでしょうか。

クマスプレーは持っているだけで少し安心になりますが、実際に使えないと意味がありません。
しかもこれは接近したときしか使えないので、遭遇を未然に防ぐことにはなりません。

そこで、鈴の代わりに笛、ホイッスルを持ちましょう。そして見通しの悪い所だけ使いましょう。
笛がないときは声を出す、手をたたくなど、こちらの存在をアピールしましょう。
ラジオは鈴と同じく、常に音が出ているのでやめましょう。雰囲気も台無しになります。
極稀に爆竹をならす方もいますが、うるさすぎます。

羅臼湖の登山道は足元が悪いのでそちらに注意を取られがちですが、常に周りの木々の音を聴き、顔を上げて周囲に気を配りましょう。気持ちにゆとりを持つことが重要です。
そのためには、時間にゆとりをもって行動し、無理な行動は避けるべきです。悪天候時は見通しが悪くなりますので、引き返す判断も必要です。
クマも基本的には人間を避けますので、必要以上に神経質にならないで下さい。

とはいってもクマの棲家に我々がおじゃまするわけです。不安な方も多いと思います。
羅臼湖は知床五湖と違って、クマの目撃情報があっても閉鎖にはなりません。
本来、登山やトレッキングとはそういう危険を承知で行うものです。安全が100%保障されることはありません。ただ、安全の確率を上げることはできます。

そのために我々ガイドという職業があると思います。
ガイドは必ずクマスプレーを携帯して、万が一の接近遭遇に備えます。また、そのための訓練を日頃から行っています。実際、羅臼湖ではガイドツアーでクマと至近距離で遭ったことはほとんどありません。
我々は常にクマと遭遇しているわけではありませんが、地元に住んで山に入っていれば、比較的クマと出会うことも多く、それが経験値となり最善の行動をとることができます。

まれに「クマを見たいから来た」という方がいらっしゃいますが、偶然ならともかく、こちらからクマをおびき寄せたり、近づいたりすることは絶対ありません。
クマとの遭遇を未然に防ぐことを基本にツアーを実施しています。
2008-04-26 20:44 : お知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

知床倶楽部ガイド

Author:知床倶楽部ガイド
知床羅臼町で登山・トレッキングガイドをしています

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード